スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説

プリンセスハーツ~君は運命の人だからの巻~ 購入

プリンセスハーツ~君は運命の人だからの巻~ (ルルル文庫)プリンセスハーツ~君は運命の人だからの巻~ (ルルル文庫)
(2010/05/26)
高殿 円

商品詳細を見る


久々の更新になります。
活字離れしていた私ですが、最近は時間があれば小説を読んでいます。

中でも面白かったのが、高殿円氏の“プリンセツハーツ”最新刊

いやしかし、最初に表紙を見たとき、余りの華麗さに顔がにやけると共に、購入するのが少し恥ずかしかったなあ

何ですかこのカバーイラストのラブラブ夫婦っぷりは!?

まあ、夫婦といっても実際のところは仮面夫婦な訳ですが。

内容としては、5つの短編集とプリハのガイドページで構成されており、ドラマCDが付いているというもの。

第1話目の“恋のたまご”が面白かった!

能天気なリュリュカの恋人探しの話なのですが、意外な相手と将来引っ付きそうな予感が。

そして内容とは関係ないのですが、“プリンセスハーツ”の意味について、ふと考えていて。

プリンセスは文字通り、王女のことですね。

ハーツは心の複数形。

すると、複数の“王女の気持ち”であるからして、これは、身代わり王女であるジルと、パルメニア王国の王女メリルローズの二人のことを指すのかなあと思いまして。

ジルの気持ちは、主人公なのでよくわかるのですが、本物の王女であるメリルローズは今のところ表立って出てこず、ルシードの記憶の中のような可愛らしい人なのか、ジルを苛め殺そうとした怖い人なのか、その真意が判らず不気味な存在であったりする。

プリンセスハーツももう6冊目。

物語の進行スピードが緩やかなので、高殿さんのシリーズではもしかしたら最長のシリーズと将来なるかもしれない。

大好きな作家さんなので、最後まで完結してもらえるといいなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

小説

「プリンセスハーツ」初恋よ、君に永遠のさよならをの巻

プリンセスハーツ―初恋よ、君に永遠のさよならをの巻 (ルルル文庫)プリンセスハーツ―初恋よ、君に永遠のさよならをの巻 (ルルル文庫)
(2009/07)
高殿 円

商品詳細を見る


高殿円氏著作の「プリンセスハーツ」第4巻~初恋よ、君に永遠のさよならをの巻~が発売されていたので購入、読破しました。

表紙のイラストがび、美麗過ぎる……。
何度か見入ってしまいましたよ。

内容については、やはり高殿先生らしく権謀術数とはったりと主人公達の見ていて恥ずかしくなるようなラブラブっぷりで構成されていました。
夫婦なのに、付き合いだしたばかりのカップルのように初々しくてどうするんだ。
まあ、仮面夫婦なんだけどね。

彼らがどのような経緯を経て、本当の夫婦となっていくのか、それとも待っているのは別離なのか――
今後が気になります。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

朔良くおん

Author:朔良くおん
『うみねこのなく頃に』を中心としたブログ。EP6までのネタバレ有りです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。