スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこ アニメ感想

TVアニメ「うみねこのなく頃に」第4話 感想

譲治に物申したい。
いくら悲しいからといって、お母さんの上に飛び乗るなよ汗;
死体のはずなのに、胸が……揺れてるじゃあないかよ!
うみねこアニメスタッフは、胸を描くのに力を注いでいる気がします。

夏妃おばさんは、原作通り美人で高貴な人柄で好感が持てます。
原作のEP1をプレイした時、登場人物で一番綺麗な人だなあと思った記憶が。
人妻熟女なのにね。
恐るべし、なっぴー。

真里亞は、第1話しか美少女じゃなかったですね。
第2話以降は顔芸のオンパレードでまともな顔をしている時がない。
せっかく美少女にしたんだから、可愛い顔と顔芸の落差で魅せるようにすればいいと思うのですが。
ちょっともったいない。

そして今回、一番可哀想だったのが朱志香!
というか、違和感ありまくりだったよ、あのシーン!
嘉音を亡くしてショックを受けた朱志香が、皆の前で喘息の発作を起こす場面。
誰か気遣ってあげようよ。
戦人なんか、喘息を起こしている朱志香をほっといて推理を続けるし。

原作音楽でどの曲が使用されるかを、毎回楽しみにしています。
第4話で流れた曲で私がわかった曲は次のとおり。
まず、『Closed My Heart』が、瀕死の嘉音発見後、戦人が中庭に駆け出すシーンで流れましたね。
次に、ベアトリーチェからの不和をもたらす手紙を読み上げる場面では、『システム零』が。
最後に、第3話に引き続き『goldenslaughterer』が流れましたが、前回よりは長めだったけど、音楽短っ!

せっかくの良曲、もう少し音量を大きくしてもいいんじゃないかなぁ。
ここぞという場面で、バックミュージックを大きく流して場面の臨場感を高めてほしいのだけど。

最後の真里亞が壁に向かって歌っているシーンは、不気味な感じを表していて良かったですキラキラ(オレンジ)


テーマ : うみねこのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔良くおん

Author:朔良くおん
『うみねこのなく頃に』を中心としたブログ。EP6までのネタバレ有りです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。