スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこ アニメ感想

TVアニメ「うみねこのなく頃に」 第12話感想

TVアニメ「うみねこのなく頃に」第12話を見た感想を書きます。
原作EP5までのネタバレを含みますので、ご注意ください。









今回からオープニングの画像が随分変わりましたね!

エヴァの肖像画は予想通りで、次に地味に変わっておやっ!?と思ったのが、譲治&紗音と朱志香&嘉音。確か、EP2までは、譲治&朱志香と紗音&嘉音だったはず。いとこ同士・使用人同士からカップル2組に組み合わせを変えたのですね。ふむふむ。

OP見る限り、お師匠様とベアトの魔法対戦を派手にやってくれそうで楽しみです。



ロリベアト、若い頃の絵羽、蔵臼、金蔵が映像で見られるとは……!!
お師匠様に撫でられているベアトのしぐさが、まるで猫のようで可愛い。



今回強調されているのが、「魔法は信じることで叶う」ということ。
どういう意味が含まれるか考えて、書き出してみた。

・六軒島にいる全員がベアトを魔女として認めれば、六軒島において、ベアトは確かに魔女であるといえる。
・いない人間をさも居るように皆が振舞えば、その人物は存在することになる。
・物が壊れても、その場に居る皆が壊れていないと言えば、壊れていないことになる。
・人間による犯行であっても、魔女が殺人を犯したと全員が認めれば、それらは総て魔女の仕業となる。

まとめると、「その場の全員が共有して認識すれば、たとえ事実と異なろうが、それが真実となる」ってことかな、と。



「また来るぜ、シーユーアゲイン。きっと白馬に跨って迎えに来る。」
やはり、この言葉がアニメで省かれなかったってことは、重要な台詞なんでしょうね。

この場面を素直に観ると、6年前に戦人が紗音に向かって言った言葉のようですが……?
戦人の初恋相手は紗音だし。
しかし、07th Expansionの公式ホームページの登場人物紹介で、朱志香の欄に「白馬の王子様を夢見る~」と記載があって、朱志香相手に言った可能性もありうる。



そして、次回予告はいつも面白いですなぁ!
たったの約1分で声優のすごさを実感できる。

楼座は、少女のころはヘルメット頭じゃなかったんだな……
普通に美少女で、可愛い。

ロノウェが戦人に接近するシーンが……ある!

ナレーション・音楽とあいまって、熊沢のシーンは怪し過ぎvv
熊沢×蔵臼とはなんとも渋い組み合わせだ。

テーマ : うみねこのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第12話 「Episode III-I castling」

TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <初回限定版> Note.01 [DVD]クチコミを見る 楼座たちが篭城を始めてから数時間後、消えていた二人の遺体が発見される。遺体には、碑文の第七の晩と第八の晩を見立てた杭が刺さっていた
プロフィール

朔良くおん

Author:朔良くおん
『うみねこのなく頃に』を中心としたブログ。EP6までのネタバレ有りです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。