スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に

うみねこのなく頃に散 EP6感想 その2

「うみねこのなく頃に」EP6の感想の続き。






EP6で紗音と嘉音の同一人物説が濃厚になってきたように感じました。

同一人物であるという記述は作中に一切無いけれど、いたる所にそれを匂わす記述はあって。

物語も終盤に差し掛かり、EP6を丸々使ってミスリードを誘うようなことも無いと思うので、素直に感じたままに信じようと思う。

しかも、同一人物でありつつも、別々の人格を持つということで、おそらく2重人格じゃないのかな。

しかも、ベアトも同一人物の可能性があり、ベアトも含めると3重人格かぁ……
(ベアトの正体については、また別の考えも持っているので、後日改めて書きますが。)

2重人格となると、やっぱり気になってくるのが“性別”ですね。

女性だとすると朱志香がレズに、男性だとすると譲治がホモになってしまうので。
ただ、朱志香と譲治は同一人物であることを知らずに好きになった可能性もあるけど。

女性と男性どちらの可能性が高いか、これまでのエピソードから考えてみました。

女性かもしれない根拠woman

・紗音は10年前、嘉音は3年前から右代宮家で勤めだしている。
 3年前、紗音に何らかのきっかけがあって、新たに嘉音の人格が出来たのではないか。
 よって、紗音の人格が先なので、女性ではないのか。

・EP6の決闘で勝ったのは紗音。本来の身体の性別が女性だからでは。

・嘉音はEP1の「ぼくだって……」と呟く前の出来事からも、非力であることが示されている。

男性かもしれない根拠man

・巨乳の紗音が、嘉音の変装をするのは難しい(ただし、貧乳の女の子だったら話は別)。

・譲治と紗音は、沖縄旅行で別々の部屋に泊まった。
 男であることを隠すため、紗音が別々に泊まることを希望した可能性がある。




ここまで書いた内容では、やや女の子である可能性の方が高いかな。

でも、私の勝手な想像では、紗音・嘉音は“両性具有”ではないかと。

フルフルとゼパルの存在が、暗にそのことを示している気がするのですよ。

両性具有は、別名でインターセックスとか、半陰陽ともいいますね。

女でも男でもない性。けれど、女でもあり、男でもある性。



紗音と嘉音は、2重人格にして、両性具有であるというのが、私の現時点の仮説となります。

テーマ : うみねこのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔良くおん

Author:朔良くおん
『うみねこのなく頃に』を中心としたブログ。EP6までのネタバレ有りです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。