スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に

「うみねこのなく頃に」EP3 六連結の密室殺人に関する考察 EP6までのネタバレ有

EP6のネタバレ有です。未読の方はご注意を。









EP3の『六連結の密室殺人』と『紗音嘉音同一人物説』を絡めて考察します。

EP6で紗音と嘉音が同一人物である疑いが強まった訳ですが、EP3の第1の晩では2人とも死体が見つかっていますね。

他のEPでは嘉音の死体が見つからない、若しくは消失することが多いので、おそらく紗音嘉音はEP3では1人で2人分の死体役をこなしたと思われます。

死体発見の順番が、紗音から始まり、嘉音で終わっているのはただの偶然ではないでしょう。

きっと、紗音が礼拝堂へ行き、嘉音のふりをするまでの時間稼ぎのため。


魔方陣の描かれた部屋へ入る鍵は無く、窓を割って入るしか方法は無かった。
そのため、一番窓に近づきやすい1階客間に大人たちが入っていく可能性が高いことを、密室を構築した人は計算済だったのではないかと。

1階客間からは、死体の傍で見つかった鍵に誘導されて、下の図のように死体を発見していきます。


6連結の密室殺人


紗音の死体発見時、まだ紗音は死亡してはいなかったと思われます。

皆が次の部屋に行ってしまった後、急いで嘉音の服に着替えて礼拝堂へ行き嘉音の死体のふりをする。

ただ、赤で死亡が宣言されているので、密室が破られた後、誰かに殺されたのではないか。



……とここまで考えたのですが、

“礼拝堂の施錠は礼拝堂の鍵以外では開錠不可能”、

“6つの部屋の扉や窓はいずれも普通。オートロックのような鍵を使用せず施錠できるような仕掛けは存在しない。”


と赤で言われているので、行き詰ってしまいました。




礼拝堂の鍵が、ボイラー室の中にあるということは、紗音が嘉音のふりをして礼拝堂に行っても、施錠するすべがない。



でも、死体発見の順番には、きっと何か意味があると思うのです。

テーマ : うみねこのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朔良くおん

Author:朔良くおん
『うみねこのなく頃に』を中心としたブログ。EP6までのネタバレ有りです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。